美肌になるために私が日々気を付けていること

美肌になるために私が日々気を付けていること

 

きれいな肌って女性の憧れですよね。肌がきれいだとオシャレして化粧してお出かけしたくなっちゃうし、そんな自分に自信が持てるようになりますね。私も、学生時代はニキビ肌など肌荒れに悩まされましたが、大人になって工夫を重ねた結果、まあまあの美肌と言われるようになりました。そんな私が肌をきれいに保つために気を付けていることについてご紹介します。

 

一つ目は、ビタミンCをこまめにとることです。ビタミンCは、肌の修復効果や美肌に効果的だと言われています。実際に、私もビタミンCを積極的にとるようにしてから、肌が荒れることがほとんどなくなりました。私は、ミカンなどのフルーツでとったり、サプリメントを毎日飲むようにしています。あと、ブロッコリーなどビタミンC含有量が多いと言われている野菜もよく食べています。また、ペットボトルのジュースが飲みたいときも、ビタミンCが入っているものを選ぶように心がけています。ビタミンCは、疲労回復効果もあるといわれているので、ストレスフルな生活で肌が荒れてしまっている方には一石二鳥かもしれませんね。

 

二つ目は、保湿を心がけることです。洗顔後、私はコットンを2枚重ねにして、化粧水をひたひたに含ませて、5分ほどパッティングしています。パッティングを終える目安は、顔に手の甲を当てた時にひんやりしているまでです。コットンが乾いたら、化粧水を再度たっぷり含ませて何度もパッティングします。これを丁寧にするのとしないのとでは、翌日の肌が本当に大違いです。

 

丁寧にパッティングした翌朝は、顔のテカリもなく毛穴も目立たなくなっています。また、朝に洗顔をしてメイクをする前に、コットンパックをします。コットンパックの方法は、化粧水を含ませたコットンをほほ、おでこ、鼻にのせておくだけです。このまま他の出かける前の準備をして、コットンが乾いたらメイクを開始します。これをするだけで、メイクのりもメイク落ちも差が出ます。

 

美肌をたもつには、毎日の少しずつの心がけが結果となって現れます。今回紹介したのは簡単な方法ばかりなので、ぜひ参考にしていただければと思います。